本文へ移動

IT導入補助金のご利用について

コンソーシアム構成員の有限会社フナコシがIT導入補助金の申請をお手伝いします

IT導入補助金のご利用について
弊社はIT導入補助金制度を積極的に活用しており、お客様からソフトウェアやOA機器のご依頼をいただく際に、補助金の利用をご提案しています。
手続きに必要な書類の準備から交付申請、導入後のサポートまで、担当スタッフが責任を持ってご案内させていただきます。

※CAD、積算、工事監理系、会計、採用管理、勤怠管理、PCに複合機やプリンター、レジスター等、幅広く対象となります。

この制度について詳しくお知りになりたい方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

IT導入補助金とは

IT導入補助金とは
IT導入補助金制度は経済産業省の中小企業庁が主導している制度で、補助金を支給することで中小企業・小規模事業者等の労働生産性を向上させる狙いがあります。

業務効率化やDX等に向けたITツール(ソフトウェア・サービス等)が補助対象となりますが、それらは事前に事務局の審査を受け、補助金ホームページに公開(登録)されているものに限ります。※1
また、中小企業・小規模事業者等の補助金申請者は、IT導入補助金事務局に登録された「IT導入支援事業者」とパートナーシップを組んで申請する必要があります。※1

※1 複数社連携IT導入枠を除く
<補助対象について>

通常枠

中小企業・小規模事業者等を対象に、事業のデジタル化を目的としたソフトウェアやシステムの導入を支援します。
自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化と売上拡大をサポートします。
※プロセス数の要件により補助額が異なります。

補助額・補助率

ITツールの要件

下表のうち、1種類以上の業務プロセスを保有するソフトウェアを申請する必要があります(汎用プロセスのみは不可)。
種別
プロセス
業務プロセス
共通プロセス
P1:顧客対応・販売支援
P2:決済・債権債務・資金回収管理
P3:供給・在庫・物流
P4:会計・財務・経営
P5:総務・人事・給与・労務・教育訓練・法務・情報システム
業務特化型プロセス
P6:その他業務固有のプロセス
汎用プロセス
※単体での使用は不可
P7:汎用・自動化・分析ツール
(業種・業務が限定されないが生産性向上への寄与が認められる業務プロセスに付随しない専用のソフトウェア)

補助対象

ソフトウェア

ソフトウェア購入費、クラウド利用料
(最大2年分)
導入関連費(オプション)

機能拡張やデータ連携ツールの導入、セキュリティ対策実施に係る費用
導入関連費(役務の提供)

導入コンサルティング、導入設定・マニュアル作成・導入研修、保守サポートに係る費用

インボイス枠(インボイス対応類型)

インボイス制度に対応した企業間取引のデジタル化の推進を目的に、会計・受発注・決済ソフトを導入する経費の一部を補助し、労働生産性の向上をサポートします。
通常枠と同じく、中小企業・小規模事業者等が補助対象です。

補助額・補助率

<インボイス制度に対応した会計・受発注・決済ソフト>
※1 中小企業は3/4、小規模事業者は4/5
※2 会計・受発注・決済のうち1機能以上を有することが機能要件
※3 補助額50万円超の際の補助率は、補助額のうち50万円以下については3/4(小規模事業者は4/5)、50万円超については2/3
※4 会計・受発注・決済のうち2機能以上を有することが機能要件
<PC・ハードウェア等>

補助対象

ソフトウェア

インボイス制度に対応し、「会計」・「受発注」・「決済」の機能を有するソフトウェア
※必須要件
オプション

  • 機能拡張
  • データ連携ツール
  • セキュリティ
役務

  • 導入コンサルティング
  • 導入設定・マニュアル作成・導入研修
  • 保守サポート
ハードウェア

PC・タブレット・プリンター・スキャナ・複合機・POSレジ・モバイルPOSレジ・券売機
※ハードウェアを補助対象として申請する場合は、そのハードウェアがソフトウェアの使用に資するものである必要があります。

導入実績

採択率100%(2021年度~2023年度)

事業スケジュール

Contact
お問い合わせ
ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。
〒718-0003 岡山県新見市高尾2306-3
TOPへ戻る